ホームページのTOPへ

山陰中央新報女性クラブYUI規約

●第1条(名称)

当会は、「山陰中央新報女性クラブ YUI」(以下、「当会」)と称し、株式会社山陰中央新報社(以下、「当社」)が運営します。

●第2条(目的)

当会は、女性の充実したライフスタイルを応援するため、文化や芸能、スポーツ、美容など各界の著名人を講師にトークイベント等を開催し、文化的教養の向上に寄与することを目的としています。

●第3条(会員)

当会は、18歳以上の女性個人で、さんさんクラブ会員を会員として構成します。

●第4条(会員登録)

・入会希望者は、さんさんクラブに同時入会となります。当会およびさんさんクラブ事務局に備える会員名簿にその名前、住所、電話番号、生年月日、会員番号等を登録します。
・入会希望者が次のいずれかに該当することが判明、会員として不適当であると認められた場合には入会拒否や登録の抹消を行うことができます。
1)お申し込みの際の届け出事項に虚偽、または不適当な内容が含まれていることが明らかになった場合
2)募集定員に達したとき
3)会員条件を満たしていないことが明らかとなった場合
4)その他、当社として入会を認めることが不適当と判断した場合

●第5条(会費)

・本会の会費は年会費として12,000円(消費税別)を納入していただきます。「口座振替依頼書」「クレジットカード払い」の手続き完了の確認をもって入会とします。
・入会後の会費はいかなる場合も返金しません。
・年会費を変更する場合は、事前に会員へ告知します。
・年会費のお支払いは株式会社ROBOTPAYMENT(ロボットペイメント)と株式会社ジェーシービーの決済代行システムを採用しております。
・サービスの享受に必要な費用は、会員に負担していただく場合もあり、有料の対象となる事業やサービス、料金等は事前に明示します。

●第6条(会員証)

・「山陰中央新報女性クラブ『YUI(結)』会員証」は、「さんさんクラブ会員カード」に「YUI(結)会員証シール」を貼ってご使用ください。
・会員証は再発行しますが、必要な費用は負担していただきます。
・会員証は本人様のみ有効です。他者への貸与、譲渡はできません。

●第7条(事業年度)

本会の年度は、4月1日から翌年3月31日までです。

●第8条(特典)

・年4回の著名人によるトークイベントに無料でご参加いただけます。
・年4回会員限定の会報誌をお送りします。
・協賛社、山陰中央新報グループ各社から会員限定の情報をご提供します。
・山陰中央新報文化センターの入会金3,000円(消費税別)の免除。

●第9条(個人情報の取得、利用目的)

1.会員の個人情報は当社が管理責任者となり、当会規約ならびに当社の個人情報管理方針に従って厳正に管理し、個人情報保護法に定める個人情報取扱事業者として適切に取り扱います。
2.当社が取得した会員の個人情報は、以下の利用目的の範囲内で利用します。
1)会員の氏名、住所、個人情報変更に伴う手続き
2)会員資格の確認、会員への連絡や通知、会員証の送付、各種サービスの提供
3)当社が発行する新聞や出版物、その他各種事業、電子メディアサービス、当社の商品・読者サービスに関する各種案内、ならびに当社の関連会社または広告主、提携企業等の商品・サービスに関する各種案内の送付
4)当会のサービス向上や当社の商品・読者サービスの改善に役立てる目的等で実施する各種アンケートや地域モニター調査
3.会員が、会員サービスを通じて第三者と取引関係を持ったことにより、その第三者が取得した個人情報については、当社は一切責任を負いません。
4.当会は、退会した会員の情報を一定期間保有し、退会者の問い合わせに対応する場合など当会の運用上必要な範囲で利用します。

●第10条(個人情報の第三者提供)

1.当社は、前条第2項の利用目的を達成するため、以下の通り、取得した会員の個人情報を当社の関連会社、個人情報保護法第20条で定める個人情報の安全措置を適切に実施する企業・団体に対し、開示、提供する場合があります。
1)提供する個人情報:氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、電子メールアドレス等
2)提供の方法:書面、電子データによる交付
2.前項の場合のほか、法令の定めに従って会員の個人情報を第三者に提供する場合があります。

●第11条(個人情報処理の委託)

1.当社は、第9条第2項の利用目的を達成するため必要な範囲内で、会員の個人情報の取り扱いを含む業務を業務委託契約を締結した業者に委託するとともに、当該業務委託先に会員の個人情報を開示、提供する場合があります。
2.委託を行う場合、会員の個人情報が漏えい、流出することのないよう厳重な管理を義務付けます。

●第12条(個人情報の第三者提供の停止)

1.会員は、会員情報の第三者提供を停止するよう請求することができます。ただし、第10条第2項に定める情報提供は、停止を請求することができません。
2.停止の請求は当社所定の方法により行うものとし、請求があった場合は直ちに第10条第1項に定める会員情報の第三者提供を停止します。

●第13条(会員資格の継続、退会)

・当社の指定する期日までに退会の意思を事務局に届け出ない場合、次年度も会員資格は継続します。
・継続する場合は、次年度の年会費を指定口座より引き落とさせていただきます。
・退会の場合は、当社の指定する期日までに退会届を提出してください。
・以下の場合は、会員の同意なく当会が退会処理できるものとします。
1)当会規約に定められている事項に違反したとき
2)死亡または行方不明
3)他人名義や架空名義であることが判明したとき
4)会員が届け出た連絡先に連絡がとれないとき、届け出の住所宛ての郵便物やウェブサービス等が届かないとき
5)年会費の支払い遅滞、または拒否したとき
6)有料の会員サービス利用料金、その他債務の履行を遅滞、または支払を拒否したとき
7)その他会員が控除良俗に反する行為をしたとき。または当会の会員としてふさわしくないと認められるとき

●第14条(免責事項及び制限事項)

・会員が、会員特典・サービスの利用を通じて第三者と取引関係に入る際、取引条件などを十分に確認のうえ、会員自らの責任で当該取引をするものとします。商品・サービスの配送や対価の支払い、品質の保証その他取引に関するすべての事項は、会員と当該取引相手である第三者との間で解決し、当該取引に関連して当会が提供した情報の内容および利用結果については、当会はいかなる責任も負いません。
・当会が実施主体となるものを除き、サービスの利用を通じて会員が取得した情報、商品・サービス、取引などにより会員に生じた損失について一切の責任を負いません。
・当会はサービスの提供、中断、遅延、停止、変更、終了または提供中の事故等によって、直接または間接的に生じた会員または第三者の損害については、賠償の責任を負いません。
・会員は会員証、会員番号等を各自で適正に管理することとし、他者に不正利用された場合の責任を当会は負いません。
・当会は、会員に提供する商品や特典について瑕疵担保責任を負わないものとします。また、会員向けサービスの案内、発送等に不具合が生じた場合においても、当会はいかなる責任も負いません。

●第15条(通知等)

・会員向けに運営上必要な通知等は、当社が運営するサイト上や山陰中央新報紙上など適宜選択した方法で行います。 ・会員に通知することなく特典・サービスの内容を変更、停止、終了することがあります。その場合、当社が別段に定める旨を会員に明示しない限り、一切の権利が直ちに消滅します。
当該停止または終了には、システムの保守や天災などに起因するものも含まれます。
・当会では会員の事前の同意を得ることなく会員規約を変更することがあります。会員規約を変更したときは本クラブの会員に対して適宜、定める方法によりその内容を公表します。

●第16条(事務局)

当会は、事務局を島根県松江市殿町383番地、山陰中央新報社内に置きます。

●第17条(準拠法、合意管轄)

当会規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。当会規約、当会サービスにおいて当会と会員との間で生じた紛争は、松江地方裁判所または松江簡易裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。